英語の情報を共有しよう!
独学TOEIC960点取得者が紹介する英語学習ツール、おすすめの本・オーディオ、その他の英語関連情報


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ITエンジニアの方に朗報
英語力アップの必要にかられているITエンジニアの方に、
こんな英語学習の近道がASCII のサイトで紹介されています。


ないようで……英語上達に近道はある!


このインタビュー記事内で、効率的な学習方法として、
アメリカのマサチューセッツ工学大学(MIT)のサイトで講義を利用する
と勧められているのが新鮮だと思います。
スポンサーサイト


TOEICで銀行の住宅ローンの金利が有利に!?
こんなところでTOEICが優遇されるようです。


2008年05月23日

IT系の資格を所持していると、銀行の貸し出し金利が優遇される!
 IT系資格やTOEICスコアに応じて貸し出しの金利が0.1~0.2%優遇される住宅ローンが登場した。従来の優遇策は勤続年数や職種といった基準できめていたが、社会状況から限界があるとしてふみきった模様だ。

 このほど、IT系資格やTOEICスコアに応じて金利を0.1~0.2%優遇する住宅ローンを発売したGEコンシューマー・ファイナンスだ。現実的にキャリアアップのための転職や、派遣・契約社員が増える状況の中、勤続年数や就業形態だけを基準とした従来の優遇基準に限界があると判断したという。

 0.1%優遇されるのは、上級システムアドミニストレーター、ソフトウェア開発技術者、情報セキュリティアドミニストレーター取得者か、 TOEICスコア800~900点の顧客。0.2%優遇されるのは、システム監査技術者、システムアナリスト、プロジェクトマネージャー、アプリケーションエンジニア、テクニカルエンジニア資格取得者か、TOEICスコア900点以上の顧客であると言う。

 資格所持していると、こんなところでも優遇されることがあるとは、見逃せないものだ。特に、住宅などは一生に一度の高い買物であるのが通常。30年以上もローンをかける中、0.1%でも馬鹿にならない金額になる。資格をとるにも励みになるかも。

*メールマガジンを希望される方は、こちらの登録フォームからお申し込みください。購読は無料です。
■Presented by Study.jp 学びタイムズ 080523





北欧アイテムプレゼント!「北欧レシピ翻訳コンテスト」訳文応募の締切迫る!
スウェーデン料理のレシピを翻訳する 「北欧レシピ翻訳コンテスト」がアメリアで開催中

アメリア会員でなくても無料で参加でき、
上位3名に選ばれるとな北欧アイテムをプレゼントされるらしいので、
マリメッコのエプロンでも当たればいいな~」
と、勉強がてらに翻訳して応募しました。
マリメッコのエプロン買おうと思えばかえるんだけど、ね・・・。
どのプレゼントもかわいいので


【北欧レシピ翻訳コンテスト】
http://www.amelia.ne.jp/user/contest/web.do?eventNo=C00010423


訳文応募の締切り(4月16日)間近です



フランス人の英語のレベルは向上しない!?
studydramaのウェブサイトより、フランス人の英語レベルに関するニュース。

以下は、私の勝手要約。

「ETSヨーロッパが発表した、2006年の1,396,211人受験者のTOEICスコアに基づく世界の英語レベルに関する調査によると、24か国中フランスは7位。

4大陸中、ヨーロッパは694点という最良の平均点を記録。ヨーロッパの対象国は、ポルトガル、ルーマニア、フランス、スペイン、イタリアの5カ国。フランスの平均点は684点で、カナダ、ポルトガル、ルーマニア、インド、リバン、フィリピンにつぐ第7位。2002年以降、フランスの位置づけは変わっていない。

ETSヨーロッパのフランスディレクターによると、フランス人の英語レベルは、国際ビジネスにおいて現実的に要求されるレベルに対し、まだ及ぶものではない。」



カナダは英語圏にカウントされていないのですか・・・?
ぅ~ん、あまり腑に落ちないけど。

上記の受験者数のうち52%はアジアが占めるそうで、
この“52%のアジア”には、
「スコアの扱い方が違う」
という理由から日本と韓国はカウントされていません。


international
A l’étranger
Le niveau d’anglais des français ne progresse pas !

ETS Europe publie son étude sur le niveau d’anglais dans le monde et dresse un état précis de l’évolution des scores obtenus au test TOEIC® (Test of English for International Communication). Les résultats de cette étude sont basés sur un échantillon de 1.396.211 personnes ayant passé le test TOEIC au cours de l’année 2006 dans le monde.
Sur 24 pays étudiés, la France se place en 7ème position.

Outre les résultats par pays, cette étude dresse le profil des candidats et les facteurs influant sur leurs compétences en anglais (formation, séjours à l’étranger, situation professionnelle…). Pour garantir une représentativité, seuls les pays qui ayant un bureau ETS et plus de 500 candidats dans l’année sont pris en compte.

En 2006, l’Europe est toujours très bien placée parmi les 4 continents représentés et enregistre le meilleur score moyen au test TOEIC « Listening & Reading »* : 694 points.
L’Asie (hors Japon et Corée, dont les scores sont traités séparément) représente 52% des candidats. L’Europe, avec un taux de participation de 34%, remporte le haut de l’affiche avec un score moyen de 694 points, stable par rapport à 2005 (- 4pts). A noter, l’émergence du continent africain : 2% des candidats en sont issus, leurs scores les placent en deuxième position après l’Europe avec une moyenne de 612 points. Pour l’Amérique du Sud, représentée à 4%, la progression est exceptionnelle puisqu’elle gagne 151 points passant ainsi de 427 points en 2005 à 578 points en 2006.


Le score moyen français reste stable

5 pays européens sont représentés dans l’étude : le Portugal, la Roumanie, la France, l’Espagne et l’Italie, avec une moyenne de 694 points, ce qui correspond à un niveau d’anglais dit « opérationnel de base ».
La France, avec une moyenne de 684 points, devance les Espagnols (668 points) et les Italiens (629 points).
Au niveau mondial, la France se place en 7ème position, derrière le Canada (761 points), le Portugal (751), la Roumanie (739), l’Inde (726), le Liban (711) et les Philippines (688).
D’un point de vue global, la France est restée à un niveau plutôt stable depuis 2002. Passant de 682 points en 2002 à 684 points en 2006, la France enregistre un léger pic à 693 points en 2005.
« Entre les objectifs de la France d’atteindre un niveau avancé en anglais professionnel et les résultats concrets qui mettent en exergue seulement un niveau utilisateur indépendant, nous constatons qu’il y a un niveau d’écart ! » déclare Alain Daumas, Directeur France d’ETS Europe, « Le niveau d’anglais des Français n’est pas encore suffisant pour répondre aux exigences réelles du monde des affaires ».

Typologie mondiale des participants

La tranche des moins de 25 ans est majoritairement représentée avec 50% des candidats, suivie de celle des 25/35 ans (28,5%), puis celle des 35/45ans (16,5%) et enfin celle des plus de 45 ans (4,6%).
La tranche des 25/35 ans obtient les meilleurs scores avec une moyenne de 535 points, suivie des 35/45 ans avec 493 points et enfin les moins de 25 ans avec un score de 483 points. Bien que minoritairement représentés, les plus de 45 ans se défendent avec 481 points.

Les trois secteurs d’activité les plus représentés étaient les professions scientifiques et techniques (52%), les professions du marketing et de la vente (17%), et enfin celles des employés de bureau (9%). Sur toutes les catégories confondues, la branche « enseignement / formation » obtient le meilleur score moyen avec 634 points.

Peu de surprise : le score obtenu est fortement corrélé aux séjours passés dans des pays anglo-saxons et à l’utilisation régulière de l’anglais. Pour exemple, le score moyen des candidats ayant passé plus d’un an à l’étranger est de 749 points alors que celui des candidats n’étant jamais partis, est seulement de 553 points. Ils sont seulement 10% à avoir effectué un séjour de plus de 6 mois dans un pays anglo-saxon. Même constat pour l’utilisation de l’anglais au quotidien, les candidats pratiquant l’anglais régulièrement obtiennent des scores plus élevés, avec une moyenne de 670 points contre 534 points pour ceux qui l’utilisent moins d’une fois par semaine.

On note également qu’une exposition régulière à la langue anglaise favorise bien évidemment les résultats : émission télévisée, écoute de la radio….

Retrouvez l’intégralité de l’étude est disponible sur le site www.etseurope.org


Source:studydrama


■HP売上プラス パーソナルプラン

■HP売上プラス パーソナルプラン





ホームページのアクセスアップ・売上アップに役立つ

ホームページ売上アップドットコムにパーソナルプランが1,980円で登場!



(ホームページ売上アップドットコムは

キーワードアドバイスツールプラス
提供している会社が運営するサービスです。)



パーソナルプランは、アフィリエイト・ブログサイトに

最適なSEO対策ツールが20種類以上揃っており、アクセスアップのための

アドバイスも行ってくれるのでアフィリエイターに心強いサービスです。



使っているサイトは、みるみる検索エンジン上位表示されています。

利用者のキーワード順位実績はコチラ→ホームページ売上アップドットコム





HP売上プラス パーソナルプラン





また、マインドマップ ラスでは、ホームページ売上アップドットコム

SEOノウハウを無料で公開しています!




MindManager(マインドマネージャー)を無料ダウンロードすると見ることができます。


採用時に英語面接行なう大企業増える
個々人が英語力をつけるのは当然のことだと思います。それに加えて、(戦略的な)コミュニケーション能力があるとなお有利ですね。

大企業が今年上半期の採用に乗り出している。就業情報専門ポータルのキャリアは9日、今年の就業市場について「英語面接が強化したことが特徴」と伝えた。

キャリアのキム・キテ代表は「企業別の選考方法や特徴を把握し、戦略的に準備すれば、就業に成功する確率が高くなる」とした。三星(サムスン)は今年、英会話等級を志願資格に追加した。

オピック(OPIc=Oral Proficiency Interview-computer)の場合、文科系はIL(Intermediate Low)以上、理工系はNH(Novice High)以上でなければならない。TOEIC(国際コミュニケーション英語能力テスト)の会話の場合、文科系5等級、理工系4等級以上でなければ志願できない。

斗山(トゥサン)グループはいっそのこと、ネーティブの面接官が英会話の実力を評価する。STXグループは、組別に30分間にわたって行なう英語インタビューで、簡単な自己紹介などを通じ会話力をテストする。SK C&Cは、英語に堪能な課長級以上の幹部が面接官を務め、英語で人性面接を行なう。

面接は、さらに厳しくなった。LGは、これまでの人性・英語面接のほかに、3段階からなる深層面接を導入した。▽専攻・職務に関連した知識と発表力を検証するプレゼンテーション▽状況を与えた後、討議を通じリーダーシップなどを把握するグループ討議▽状況別の問題解決と業務処理能力を評価するケーススタディ--などだ。

大宇(デウ)証券は、志願者に、審査委員や同僚志願者などに商品の購買を勧誘することを注文し、セールス能力を採点する。ハンミ薬品は2~3日間、チーム長に同行させ、病院・薬局で顧客に直接会うことを通じて営業能力などを試す。外換(ウェファン)銀行は、実務面接の後、2泊3日間にわたる合宿を通じ志願者の人性をテストする。

中央日報 Joins.com
2008.03.10 16:39:37







Copyright © 英語の情報を共有しよう!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。